複合機が会社にあると重宝

複合機はプリンター、スキャナー、ファクシミリなど一台で行うことが出来る画期的な機器です。この機器を別に購入したりすると、置き場に困るので、多くの会社で購入されることが多いですね。複合機なので、値段的には少々高くなりますが、別々に購入するよりもお得です。会社で仕事をしてると、業者にfaxされることが多いので、効率よく仕事が出来るので、社員の仕事のしやすさを向上することが出来ます。プリンターの機能もフルカラーになってるので、マークされたりしたものをそのままの状態で送ることが出来るので、企業側に、伝えやすくなります。また、配線の数が少なくなるので、事務所移転などされる時にいいですね。複合機の大きさも、プリンターの大きさと、さほど変らないので、どこにでも移動することが出来ます。メーカーによって、価格がさまざまなので、機能を確かめて購入することです。

複合機の選び方を把握しておこう

オフィスなどでもよく使用される機器にコピー機があります。特に複合機ではコピーだけでなく、FAXやスキャナー、ネットワーク機能と多彩な事が出来る為、多くの企業が使用しています。これから複合機の購入を検討されている方は選び方を始めに把握させておきましょう。選ぶポイントとしては、印刷の仕上がり、コピーの機能、印刷スピード、その他機能などを確認しておきましょう。印刷の仕上がりは解像度やインク数が多ければそれだけ綺麗に仕上がります。コピーの機能では自動原稿送り装置の有無をチェックしておきましょう。自動原稿送り装置は複数の原稿を自動で一枚ずつ送り込んでコピーしてくれる機能です。オフィスでは非常に便利に活用できる機能なのでしっかり見ておきましょう。その他機能では、メモリーカードや携帯電話等から直接印刷できるのか、無線LANに接続できるかなどがあります。

トナー交換の簡単な複合機

オフィスなどで欠かせない複合機は、自動で両面コピーをしてくれたり、カラーコピーもお手の物です。パソコンからのPDFも可能ですし、穴あけパンチやホチキス止めなど、なんでもござれの賢いオフィス機器です。便利さ故に、サイズ感もだんだん大きくなってきて、紙詰まりやトナーが切れたりすると、ちょっとした大騒ぎになってしまうのが玉に傷です。便利に利用できる分、内部の構造は結構複雑だったりして、只の紙詰まりと侮るなかれ、無理やり取ろうとすると、紙が破けて一部だけ入り込んで、取れにくくなったり、開閉の扉も重かったりして結構大変だったりします。各会社とも、リースの際には駆け込みで飛んできてくれる様な、サポート体制を取ってもらえる企業の複合機を借りる事が絶対条件でお勧めです。女性社員に複合機の紙詰まりの処理は大変です。