コンパクトな複合機ならCISタイプを選ぶ

書類のコピーを取りたい時はコピー機を使うことが多くなります。オフィスなら日常的に行います。それ以外にコンビニなどでも設置されています。自宅でもできたらいいと考えることがあるかもしれませんが今は可能になっています。スキャナ機能を使えます。複合機にはスキャナがついているのでそこで情報を読み取れます。パソコン内に情報を記録しておくだけもできますし、コピーのように使いたいならその情報を印刷すればよいでしょう。プリンタとスキャナが一体化するとどうしても大きさが気になります。あまり大きなタイプを好まないならスキャナ部分がCISと呼ばれる仕組みの機械を選ぶようにします。データの読み取りの仕組み上それほど大きくなりにくいです。ですから全体的にコンパクトになります。部屋が狭くてあまり置くスペースを取りたくない場合はこちらを選びます。

紙を自動的に読み込んでくれる複合機

たくさんの紙のコピーをしたい時があります。昔であれば1枚1枚行う必要がありました。コピー機によっては上に読み取らせたい用紙を置いておくとどんどん自動的にコピーをしてくれるタイプがあります。複数部数コピーをしたい時も簡単に行えました。複合機を使うときにもどんどんデータを読み取らせたい場合があります。この時にはADFと呼ばれる装置がついているものだと便利かもしれません。これは1枚1枚紙をコピーしてスキャニングしてデータを取り込みます。どんどん行ってくれるので手作業が必要ありません。オフィスなどであればたくさんの紙をコピーしたい用途はたくさんあります。しかし家庭の場合だと必ずしもその用途があるわけではありません。SOHOなどで自宅で仕事をしている場合などは非常に利用価値がありそうですが、それ以外ではあると便利程度のこともあります。

印刷コストを考慮して複合機を選ぶ

紙を印刷するときにはいろいろなコストがかかります。まずは紙が必要になります。専用の用紙もあれば、チラシの裏などを使うこともあるかもしれません。きれいに印刷したいなら専用用紙を使う方が良いでしょう。写真などだと少し高めになることもあります。複合機を選ぶときには印刷コストを無視してはいけません。それは本体価格よりも将来的に影響することが多いからです。かなりコストに影響するとされるのがインクです。インクを数回買い替えると本体を買えるぐらいになるほど高くなります。機種によって多少異なります。インクを互換性にすると安くできる場合もありますが、メーカーの保証の面、印刷した時の品質のことを考えると純正を使った方が良いでしょう。少しでも印刷効率の良いものを購入すれば少ないインクで多くの印刷をすることができます。インクが分かれているタイプの方が効率印刷ができます。